津波到達、2万6500人に勧告 避難者わずか858人

地震関連ニュース - - ひまわり
岩手県釜石市は沿岸部の5707世帯、1万1895人に避難勧告を出した。避難所10カ所のうち住民が身を寄せたのは5カ所で、人数は33人だった。
 釜石小に避難したパート女性(63)は「揺れが小さく、避難するかどうか正直迷った」と話す。地元町内会役員の三上紘司さん(71)は「震災から3年4カ月となり、危機感が薄れるのが心配」と表情を曇らせた。
 釜石市の赤崎剛危機管理監は「震災で地盤が沈下している上、湾口防波堤や防潮堤も復旧していない。市民には特に逃げる意識を持ってもらいたい」と語った。

夜明けから間もない東日本大震災の被災地を不安と緊張が襲った。福島県沖を震源とする地震で津波が発生した12日早朝、沿岸部には避難勧告が発令された。岩手、宮城、福島3県で計2万6500人が対象となったものの、実際に逃げたのは自主避難を含めても858人にとどまった。



 588世帯1634人に避難勧告した宮城県東松島市。避難所となった大曲小を訪れたのは無職男性(68)だけだった。男性は「がっかり。津波はいち早く逃げることが大事なのに」と肩を落とした。
 宮城県山元町花釜行政区の岩佐年明区長(68)は地元の3軒を巡回したが、住民は出てこなかったという。「早朝なのでノックするのをためらった」と話した。
 必需品を携行するなど、普段の備えをうかがわせる住民も。ただ早朝の慌ただしい避難となったこともあって、一様に疲れた顔を見せた。
 石巻市の渡波公民館を訪れた一二三(ひふみ)広行さん(56)は、常備薬1週間分を持参した。「取りあえず必要な物を持ってきた。もう津波で逃げるのはこりごり」と語った。
 気仙沼市の仮設住宅に暮らす主婦小野寺栄子さん(82)は「血圧の薬を持って外に出た。どんな高さの津波が来るか分からないので、おっかないよ」と不安そうだった。


★楽天市場★ 防災グッズ特集へはこちら